これで成功は確実!?ウェブ制作における3つのポイント

訪問者に最高の初印象を持たせよう

人間関係において最初の印象はとても大切ですが、これはウェブサイトにおいても当てはまります。初めて訪れた際に、どこからどう見れば良いのか分からない乱雑な作りのウェブサイトは、二度と見て貰えなくなります。特殊な技術を駆使してビジュアルをリッチにしたり、デザイン性にこだわることも勿論大切ですが、あくまでもまず訪問客のことを第一に考えて、無駄な情報がそぎ落とされた見やすいサイトにすることが、ウェブ制作者には求められます。

ウェブ制作において初期コンセプト策定は重要です

誰もが見やすいウェブサイトを制作するには、まず戦略ともいえる初期コンセプトを明確にする必要があります。この点を明らかにしないまま制作を進めてしまうと、制作中に気になる他サイトのデザイン手法を取り入れてしまったりして、本来目指していたはずのそれとはかけ離れた一貫性に乏しいサイトが出来上がってしまうことになります。いずれにせよ、どのようなサイトにするのかをはっきりと決め、初志一貫の精神を忘れず、自分は何故このウェブ制作に取り組んでいるのかを逐一振り返る習慣を心がけていれば、成功確率は大きく高まることでしょう。

ウェブデザインとSEO対策のバランスが大切

ウェブ制作者にとって、SEO対策は頭を悩ませる問題です。どれだけ魅力的なサイトが出来上がっても、多くの人に訪問して貰えなければ意味がないためです。ですが、対策が行きすぎてしまっては意味がありません。検索されやすいワードを並べて上位に行けたとしても、訪問客にしてみると意味が分からないおかしなサイトとしてしか見て貰えないからです。ですから、ウェブ制作においては両者のバランスを取ることが求められます。たとえば、訪問客を増やすためにキーワードを並べることは止め、旧来の広告などによる周知活動をすると良いでしょう。あくまでも、人を相手としてビジネスをしているんだという意識が求められます。

コーディングは情報技術用語で、詳細設計したソフトウェアをC言語などのプログラミング言語で記述することをいいます。