最新の攻撃方法からデータを守る!ネットワーク監視の重要性を考えましょう

ネットワーク攻撃の手法は変化していく

自社ではパソコンにセキュリティ対策ソフトを入れているので、どんな攻撃が来ても安心できるはずだという、間違った認識をしている人は未だに多いです。ネットワーク越しの攻撃というのは手法が次々と変化しており、新しいセキュリティホールが発見された瞬間に、そこを攻撃してくる場合もあります。そのような攻撃方法では、セキュリティソフトのパッチが来る前にパソコンが乗っ取られかねません。ネットワーク監視で怪しいアクセスが無いか確かめる事で、新しい攻撃方法にも対処しましょう。

社内からのデータ流出に対処しやすくなる

社内にある重要なデータが、ネットワーク越しに流出しそうになった際にも、ネットワーク監視のシステムが機能します。大量のデータベースが外部に送信されそうになっている時にも、ネットワーク監視の機能があればデータ送信を途中で切断する事も可能です。社内から外部に向けて、そこまで大きなデータを送信する予定が無い時には、アップロード速度の制限などもかけられます。データが流出するまでに時間がかかるようにするだけで、社内の情報を守りやすくなりますよ。

パソコンの遠隔操作を防げます

その時刻には社内にいないはずの人間のパソコンが、急に怪しい挙動を始めた際にもネットワーク監視が機能します。勝手にパソコンが動いているという時は、大抵は遠隔操作によってデータが盗み出されていると考えてください。ネットワーク監視機能があれば、この時間帯にパソコンが動いているのはおかしと気付く事もできます。特定の時間帯だけネットワーク機能を停止させるといった対策で、パソコンの遠隔操作を防ぎやすくなりますよ。

ネットワーク監視は、ネットワークに関する様々な障害がないかを確認するシステムを指し、ネットワークをトラブルなく快適に利用できるよう行われています。