どうするのが一番?ネット誹謗中傷の被害に遭った場合の対処法

ネット誹謗中傷は気にしないのが一番

ネットでの誹謗中傷は、気にしても仕方がない部分があります。たとえば一つのサイトで誰かが誹謗中傷をしてきて、それを労力をかけて止めたとしても、また別のサイトで別の人が誹謗中傷をすれば、その労力にもほとんど意味がなくなるからです。すべてのネット誹謗中傷を一度にストップさせることができればそれが一番いいのですが、個別に対応をする限りそれは不可能です。ネット誹謗中傷は気にしないのが一番でしょう。嫌なことが書かれているサイトは見なければいいのです。

実際に経済的被害が出れば話は別

ただ、ネット誹謗中傷の中には実際に経済的なダメージになるものもあります。仕事ができなくなったりというケースは多いですから、そうした場合には放置しておくのは望ましくありませんね。きちんと対応をして、仕事ができるようにしなければなりません。経済的な被害が明確で他人にも説得力を持って説明できるぐらいなら、損害賠償請求をしてもいいでしょう。その人のせいで経済的なダメージを被ったなら、裁判で主張が認められて、お金を返してもらえる可能性は出てきます。

一番いいのは正しい情報を公開すること

ネット誹謗中傷は、根拠が薄い場合がほとんどです。自分から正しい情報を公開すれば、信じる人がいなくなるケースが多いわけです。きちんと正しい情報を細部まで公開しておけば、ネット誹謗中傷が起こる確率を大幅に減らせます。事実と嘘なら、事実のほうが圧倒的に強いですから、ネット誹謗中傷に負けることもほとんどなくなります。むしろ、正しい情報を公開すれば応援をしてくれる人も出てくることでしょう。誰もが真実を知りたがっているわけですから、情報は隠さないことが重要ですね。

逆SEOとは、ダミーサイトなどを制作して特定のキーワードの検索順位を低くするインターネット技術のことです。